×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


作業用ファイル(TEMP、TMP)をDドライブに変更する


断片化の原因になり易いので変更した方がいい

 1.Dドライブに保存フォルダ「TEMP」を作る

 2.「スタート」ボタン⇒「コンピュータ」を右クリックする

 3.プロパティをクリック⇒左ペインの「システムの詳細設定」をクリックする

 4.「続行」ボタンをクリック⇒「詳細設定タブ」をクリックする

 5.「環境変数」ボタンを押す⇒TEMPを選択⇒「編集」ボタンをクリックする

 6.環境変数画面が表示される⇒ユーザー環境変数、システム環境変数とも以下を実行する

 7.「変数名」TEMPの下の「編数値:」に「D:\TEMP」と入力⇒OKボタンを押す

 8.環境変数画面入力戻る⇒今度は「TMP」を選択する

 9.「TEMP」と同様に進んで「編数値:」に「D:\TEMP」と入力⇒OKボタンを押す

画像やビデオ編集ソフトは一時ファイルの保存場所を独自に設定していることがある。
そのようなソフトの場合は上記の他に、環境設定やオプションなどの設定画面で
一時ファイルの置き場を変えることができる。
(Dドライブにフォルダを作る必要がある)