×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

                          1/2
  故障・信頼性の手法  
   
  故障コショウ信頼性シンライセイ手法シュホウ内容ナイヨウ  
  ツギ手法シュホウについて、データを入力ニュウリョクすることにより、分析ブンセキをすることが出来デキる。  
   
  No ブン セキ の  ブン 使用シヨウ分布ブンプ ブン セキ ウチ カタチ の セツ メイ  
  1 適合テキゴウ検定ケンテイ   指数シスウ分布ブンプ 指数分布の適合度      
  2 平均ヘイキン寿命ジュミョウ信頼シンライ限界ゲンカイ 指数シスウ分布ブンプ 全部ゼンブ故障コショウした場合バアイ      
  3 平均ヘイキン寿命ジュミョウ信頼シンライ限界ゲンカイ 指数シスウ分布ブンプ 一定イッテイ時間ジカン追跡ツイセキ中止チュウシした場合バアイ    
  4 平均ヘイキン寿命ジュミョウ信頼シンライ限界ゲンカイ 指数シスウ分布ブンプ 一定イッテイ個数コスウ中止チュウシした場合バアイ      
  5 指数シスウ分布ブンプ計算ケイサン 指数シスウ分布ブンプ 指数分布の一般イッパンテキシキ使用シヨウする場合バアイ    
  6 市場シジョウクレーム   ワイブル分布ブンプ 使用シヨウ経過ケイカゲツデータの場合バアイ(累積故障法)    
  7 市場シジョウクレーム   ワイブル分布ブンプ 走行ソウコウ距離キョリベツデータの場合バアイ(累積ルイセキ故障コショウホウ)    
  8 市場シジョウクレーム   ワイブル分布ブンプ 走行ソウコウ距離キョリベツデータの場合バアイ(メジアンランクホウ)    
  9 試験シケンデータ   ワイブル分布ブンプ 全部ゼンブ故障コショウ場合バアイ変換ヘンカン未反映ミハンエイ)    
  10 試験シケンデータ   ワイブル分布ブンプ 全部ゼンブ故障コショウ場合バアイ変換ヘンカン反映ハンエイ)    
  11 試験シケンデータ   ワイブル分布ブンプ 故障コショウのある場合バアイ(メジアンランクホウ)    
  12 試験シケンデータ   ワイブル分布ブンプ 故障コショウのある場合バアイ(瞬間シュンカン故障コショウホウ)    
    (1) No.7は市場シジョウクレームにも使用シヨウ可能カノウである。(No.9を使用シヨウしてγ変換ヘンカン)    
    (2) ワイブル分布ブンプのプロットが直線チョクセン回帰カイキする(センにほぼっている)場合は、γ(位置イチのパラメータ)  
  トク は「ゼロ」としてデータはそのまま入力ニュウリョクすればよいが、回帰カイキしない場合バアイはγを適宜テキギめて  
  全てのデータからγを減じてデータを入力ニュウリョクマタはその計算ケイサンをしナオ必要ヒツヨウがある。    
  No.7にその手法シュホウがあります。    
  コウ (3) 時間数ジカンスウ距離キョリスウなどのアタイはLog-Logの計算ケイサン都合上ツゴウジョウ、0.1〜100以下イカになるよう  
    変数変換をしてデータを入力ニュウリョクしてクダさい。    
                         
   
  用語ヨウゴ説明セツメイ  
  2.1 信頼性シンライセイ手法シュホウ  
  製品セイヒンやシステムの故障コショウ発生ハッセイリツ耐用タイヨウ期間キカン評価ヒョウカする方法ホウホウをいう。  
  2.2 信頼性シンライセイ  
  機器キキ装置ソウチ部品ブヒンなどのアイテムがアタえられた条件ジョウケンで、規定キテイ期間中キカンチュウ要求ヨウキュウされた機能キノウ故障コショウしない
  で果たす能力ノウリョクをいい、信頼度シンライドはその確率カクリツをいう。  
  2.3 信頼度シンライドR(t)  
  機器キキ装置ソウチ部品ブヒンなどのアイテムがアタえられた条件ジョウケンで、規定キテイ期間中キカンチュウ要求ヨウキュウされた機能キノウ故障コショウしない
  で果たす確率をいい、ツギのとおり定義テイギをする。  
  信頼度シンライドR(t)+信頼度シンライドF(t)=1⇒F(t)=1-R(t)=1-e-λt  
  R(t)は時間的ジカンテキ信頼度シンライドが「1」からどのようにゲンじていくのかをシメす。  
  F(t)は「0」から「1」にかって故障コショウする割合ワリアイがどのように増大ゾウダイするのかをシメしている。  
  この標準でいう時間ジカンとは、時間に関係する特性をいい、距離も時間的観念の特性である。  
  2.4 故障コショウ  
  故障コショウとは、機器、装置、部品などのアイテムが要求された機能をウシナうことをいう。  
  2.5 故障率コショウリツλ(t)  
  故障率コショウリツλ(t)は、ある時点ジテンまで故障コショウしないで作動サドウしてきたアイテムが、ツヅ単位タンイ時間ジカンナイ故障コショウ  
  を起す割合をいい、次のように定義をする。  
 
(t):確率カクリツ密度ミツド関数カンスウ  
   
 
 
   
   
   
                           
                           
  2/2
  2.6 ワイブル分布ブンプ  
  形状ケイジョウのパラメータm、尺度シャクドのパラメータη、位置イチのパラメータγによってサダまる分布ブンプをいい、実測データを対数
  目盛りを使用して論理曲線にあてはめたもので、次式で表される。  
 
 
 
 
 
 
   
  2.7 指数シスウ分布ブンプ  
  ワイブル分布ブンプの形状のパラメータmが1のトキ分布ブンプをいい、シキアラワされる。  
 
 
   
  2.8 カクパラメータ  
  (1) 形状ケイジョウのパラメータm  
  故障コショウモードともいい、分布ブンプカタチ(故障コショウ形態ケイタイ)をアラワ本質ホンシツテキなパラメータである。  
  (2) 尺度のパラメータη  
  分布ブンプヒロがりをシメすパラメータである。  
  (3) 位置のパラメータγ  
  故障コショウ発生ハッセイする時期ジキシメし、通常ツウジョウはγ=0とする。  
  γ>0のトキ製品セイヒンなどの保証ホショウ時間ジカン(その時間ジカンまでは故障コショウしないこと)をアラワす。  
  2.9 故障コショウ形態ケイタイ  
  (1) 初期ショキ故障コショウ  
  使用シヨウ開始後カイシゴ比較的ヒカクテキハヤ時期ジキ設計セッケイ製造セイゾウジョウ欠陥ケッカンもしくは使用シヨウ環境カンキョウとの不適合フテキゴウによってショウ
  ずる故障をいいm<0.8のトキをいう。(一般的イッパンテキにはm<1.0とされている)  
  (2) 偶発グウハツ故障コショウ  
  初期ショキ故障コショウ期間キカンぎ、摩耗マモウ故障コショウ期間キカンイタ以前イゼン時期ジキ偶発的グウハツテキ発生ハッセイする故障コショウをいう。  
  m=1のトキをいう。  
  (3) 摩耗マモウ故障コショウ  
  疲労ヒロウ摩耗マモウ老化ロウカ現象ゲンショウなどによって時間ジカンとともに故障率コショウリツタカくなる時期ジキ故障コショウをいい、m>1.3の
  時をいう。(一般的にはm>1.0とされている)  
  2.10 メジアンランクホウ  
  累積ルイセキ故障率コショウリツ算出サンシュツする場合バアイ使用シヨウする方法ホウホウの1つでシキによる簡便カンベンホウ使用シヨウした。  
  チュウ番目バンメのメジアンランク=((i-0.3)/(n+0.4))  
   
  検定ケンテイ結果ケッカ判定ハンテイ  
  検定ケンテイの判定結果ケッカは、「**」ジルシ、「*」シルシ又は空白クウハク表示ヒョウジする。・・・図表ズヒョウ-1のみ  
  (1) 「**」シルシは、有意ユウイ水準スイジュン(=危険キケンリツ)が2%で有意ユウイであることをシメし、「高度コウド有意ユウイである」ことになる。
  (2) 「*」シルシは、有意ユウイ水準スイジュン(=危険キケンリツ)が5%で有意ユウイであることをシメし、タンに「有意ユウイである」ことになる。  
  (3) 空白クウハク」は、「有意ユウイがあるとはいえない」ということになる。