×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

                          1/2
  分散ブンサン分析ブンセキホウ  
   
  分散ブンサン分析ブンセキ内容ナイヨウ  
  ツギ内容ナイヨウについて、データを入力ニュウリョクすることにより、分析ブンセキをすることが出来デキる。  
   
  No. 手法シュホウ名称メイショウ      ブン ウチ          カタチ  
  1 一元イチゲン配置ハイチホウ 繰返クリカエスウヒトしい場合バアイ 要因ヨウインカズが1種類シュルイでデータスウカク水準スイジュンとも同数ドウスウの分析  
  2 一元イチゲン配置ハイチホウ 繰返クリカエスウヒトしくない場合バアイ 要因ヨウインカズが1種類シュルイでデータスウ水準スイジュンに異なコトナルる分析  
  3 二元ニゲン配置ハイチホウ 繰返クリカエしがない場合バアイ(欠損ケッソンなし) 要因ヨウインカズが2種類シュルイでデータスウカク水準スイジュンとも同数ドウスウの分析  
  4 二元ニゲン配置ハイチホウ 繰返クリカエしがない場合バアイ(欠損ケッソンあり) 要因ヨウインカズが2種類シュルイでデータが1欠損ケッソンしたものの分析  
  5 二元ニゲン配置ハイチホウ 繰返クリカエスウがある場合バアイ 要因ヨウインカズが2種類シュルイでデータスウカク水準スイジュンとも複数スウコ個の分析  
  6 サンゲン配置ハイチホウ 繰返クリカエしがない場合バアイ 要因ヨウインカズが3種類シュルイでデータスウカク水準スイジュンとも同数ドウスウの分析  
               
  用語ヨウゴ説明セツメイ  
  2.1 分散ブンサン分析ブンセキ  
  品質ヒンシツ向上コウジョウのための不良フリョウ低減テイゲンやコスト低減テイゲンなど、生産セイサン工程コウテイ能率的ノウリツテキになるように実験ジッケンなどにより、デ  
  ータを採って改善していく手段を見つけ出すがかりをつかむ方法ホウホウであり、3つ以上イジョウ平均ヘイキンチガ  
  を分散の比で分析する方法をいう。  
  つまり、変動ヘンドウキュウナイ(グンナイともいう)変動ヘンドウと級カン(グンカンともいう)変動に分析ブンセキして、それぞれの変動ヘンドウ貢献コウケン  
  度で級間に有意差があるかを検討する方法である。  
  有意ユウイでない交互コウゴ作用サヨウで、ザン分散ブンサンクラべてあまりオオきくない場合バアイは、検出ケンシュツリョクをよくするため、平方ヘイホウ  
  と自由度を残差に含めて分散分析表を作成し直す方がよい。  
  生産セイサン工程コウテイではオオくの因子インシ錯綜サクソウして、ツネ状態ジョウタイ変動ヘンドウしており、どの要因ヨウインがどのようにカゲ響している  
  かを発見し、最適な生産条件を探すことが出来デキ方法ホウホウである。  
  この方法ホウホウには、ツギの2つの方法ホウホウがある。  
  (1) 製造セイゾウ要因ヨウイン変化ヘンカさせずに現状ゲンジョウ姿スガタのデータをって解析カイセキする方法ホウホウ(変動ヘンドウ要因ヨウイン解析法カイセキホウ)  
  (2) 製造セイゾウ要因ヨウイン変化ヘンカさせて色々イロイロ組合クミアワせのデータを計画的ケイカクテキって解析カイセキする方法ホウホウ(実験ジッケン計画法ケイカクホウ)  
   
  2.2 因子インシ  
  結果ケッカ影響エイキョウオヨぼすかどうかを調シラべるために取上トリアげた原因ゲンインカンガえられる変動ヘンドウ要因ヨウインをいう。  
  2.3 水準スイジュンスウ  
  カク因子インシ種類シュルイカズをいう。  
  2.4 繰返クリカエ  
  カク因子インシ水準スイジュンゴトのデータをいくつづつかるかを繰返クリカエしといい、採取サイシュするカズ繰返クリカエスウという。  
  2.5 変動ヘンドウ  
  変動ヘンドウとは個々ココのデータの差異サイをいい、変動ヘンドウ原因ゲンイン統計的トウケイテキ手法シュホウにより解明カイメイすることが可能カノウである。  
  (1) ソウ変動ヘンドウ(ST)とは、偏差ヘンサ平方ヘイホウのことであり、各々オノオノのデータのソウ平均ヘイキンからのズレの平方ヘイホウをいう。  
  (2) 要因ヨウイン変動ヘンドウとは、因子インシ水準スイジュン効果コウカオオきさをハカ平方ヘイホウをいい、キュウ間変動ともいう。  
  (3) 誤差ゴサ変動ヘンドウ(Se)(誤差ゴサマタザンともいう)は、因子の変動要因以外の考えられる全ての変動で、カク  
  データの平均値からの偏差平方和をいう。  
  いいかえるとすべてのサンプルに含まれる誤差の大きさを測る平方和で、級内変動ともいう。  
  2.6 シュ効果コウカ  
  シュ効果コウカとは、水準スイジュンチガいによる効果コウカで、単一タンイツ因子インシ影響エイキョウをいい、一般的イッパンテキにはコントロールできる  
  因子である。  
  2.7 交互コウゴ作用サヨウ  
  ある因子インシ水準スイジュン特定トクテイ組合クミアワせが、トクコトなった現象ゲンショウで、1つの因子インシ影響エイキョウのい  
  くつかの因子に依存する程度を表す効果をいい、繰返しのある2元配置ホウマタは、3因子インシ以上イジョウ場合バアイ  
  には2因子間の交互作用を検出することが出来る。  
  2.8 一元イチゲン配置ハイチ  
  一元イチゲン配置ハイチとは、因子インシ一種類イッシュルイだけとした場合バアイ分散ブンサン分析ブンセキホウをいう。  
   
                           
                           
                          2/2
  2.9 自由度ジユウドφ  
  統計量トウケイリョウはいくつかの確率カクリツ変数ヘンスウ構成コウセイされており、自由ジユウ変化ヘンカすることが出来デキ確率カクリツ変数ヘンスウ個数コスウ  
  いう。  
  2.10 有意ユウイ水準スイジュン(=危険キケンリツ)α  
  仮説カセツ検定ケンテイアヤマってその仮設カセツ棄却キキャクしてしまうアヤマりをオカ確率カクリツをいい、危険キケンリツともいう。  
  マタ、そのリツ通常ツウジョウ場合バアイ、1%か5%がモチいられる。  
  2.11 信頼シンライリツ  
  推定スイテイタシかさを保証ホショウする確率カクリツをいい、通常ツウジョウは95%か99%がモチいられる。  
  2.12 分散ブンサン  
  2つの分散ブンサン同一ドウイツなしてよいかイナかを検討ケントウするためにモトめる分散ブンサンをいう。  
  2.13 反復ハンプクスウne  
  ソウデータスウザンにプールされていない要因ヨウイン自由度ジユウドに1をクワえたったをいう。